「日替わり」で、脳内を駆けめぐる今日の音楽

MatveyShasinsky(マドヴェイ・シャシンスキー)のつぶやき

水越 恵子「生まれ変わる為に」(1979) 

Aquariusアクエリアス19791215日リリース)

 

今は『nORBESA』(ノルベサ)が建つ、札幌 狸小路5丁目の南側に、かつて3年間だけ存在した喫茶店『すっから舘』。

DENON製レコードプレーヤーDP-2500、パイオニア製アンプA-006(私の記憶)が繰り出す繊細なアナログ信号を、ダイヤトーン製スピーカーDS-38Bを見事なバランスで駆動させていました。

店の常連のリクエストで、よくかかっていたアルバムの中の1曲。

A面1曲目のこの曲は、B面最終曲「Too far away」より印象的なのでした。

 

このアルバムも、豪華なスタジオミュージシャンの名前が並びます。

Dr.:林 立夫 Bass高橋 ゲタ夫 Gr.:鈴木 茂、今 剛、水谷 公生 Key:佐藤 準、羽田 健太郎 Perc:ペッカー、斎藤ノブ etc…

何度も言ってしまいますが、打ち込みにはない「ドライブ感」が際立つ1枚です。

 

オススメは

1) 生まれ変わる為に WM:水越恵子 A:佐藤 準

 

試聴はこちらから ↓

www.youtube.com

recochoku.jp